温経(セラミック経絡温熱療術)


○「温経」(うんけい)について

基本的概念はと略同様ですが、此方はセラミック製の土台に有る凹凸が身体の経穴を刺激して、その表面から身体の深部まで温めていきます。体温が上がれば基礎代謝も賦活されます。

 

の項目でも触れましたが、経絡は気血水(※水は「津液」と解する場合も有り)の通り道としての概念を持ち、五臓六腑と体表を結ぶ全身を循環するネットワークと解すれば理解し易いです。

 

当療術は摂氏38〜60度(下記「Table.1 設定温度と対処」をご覧ください)の範囲内で調整可能なセラミックヒーターからの遠赤外線温熱とセラミック部分に付着する突起による経穴押しの作用により、身体の深部まで温めていきながら血液やリンパ液の循環を促していきます。更に、当療術は薄着の上からでも可能ですので、衣服の着脱は比較的少なく済みます。

【Table.1 設定温度と対処】

設定温度  対処
 Soft(38度) 温感に敏感な方向け、軽度の冷感及び筋緊張緩和
 Low(42度) 温めの温感で疲労回復用途
皮膚上から温熱療術をする場合の上限温度
Middle(48度) 薄着の上から:疼痛緩和用途
High(54度) 薄着の上から:不眠対策用途
Hard(60度) 衣服(薄着以上厚着未満)の上から:強度の筋緊張緩和用途

但し、皮膚の状態によっては低温火傷の可能性も有りますので、アレルギー体質等で皮膚が敏感な方は事前にお申し出ください。

 

先ずは、体幹から温活を始めていきましょう。その為に当療術がお役に立てれば、と当院は考えます。

 【Fig.1 温経のパッケージ外観】

【Fig.2 温経本体側面】

【Fig.3 温経本体上面とエッセンスオイル(Herbya Essence Oil  DX)】

当メニューは保険対象外ですが、医療保険を使用されている方も実費でご利用になれます。


鍼や灸が苦手な方に、当メニューは単独でのご利用も可能です。