てい鍼


鍼といえば概ね刺すことがイメージとして先行しますが、鍼は刺すばかりでなく、状況に応じて「てい鍼」という、皮膚上から宛がうのみの手法を行う場合が有ります。よく幼児向けに、夜泣きや疳虫防止目的で「小児鍼」をさせているケースも見かけられますが、皮膚上で「ローラー鍼」を転がして鍼の効果を出すといったような具合です。又、「接触鍼」という手法もてい鍼の一種で、気の疎通改善に結び付けます。

 

但し、幾ら「てい鍼」とはいえ、当然ながら強刺激ではそれなりの痛みを伴います。

 

重要)金属アレルギーの罹患者には適用できません。

 

てい鍼:医療保険適用の場合は適用症例内で取り扱います(※保険外部位の施術を御希望の方は、別途当該部位に対して保険外施術費を申し受けます)。

小児鍼は保険外施術となります。

【Fig1. てい鍼(画像左側は「いちょう鍼」という擦過鍼の一種、右側はローラー鍼)】