足底反射ケア


当療術は巷では「足つぼ」や「リンパドレナージ」等と呼ばれているもので、当院では足底のみならず腓腹筋のケアも実施します。

 

療術前に10分間程足湯に浸かって頂き、その後療術に入ります。アロエゲルを用いて優しく緊張を解いていきます。腓腹筋は「第2の心臓」と呼ばれる程、膝下の血液循環に多大な影響を及ぼす重要な運動器とされており、足底筋膜炎(「〜腱膜炎」ともいう)の原因の一端は腓腹筋に有るとされます。下肢静脈瘤もまた、腓腹筋の筋力低下による部分が大きく、静脈の還流が阻害されている結果と言えます。直ちに下肢の壊死に結びつく訳では有りませんが、動脈硬化の一端とも換言できます。

 

尚、白癬菌感染症及び足底腱膜炎を罹患されている方は足底への施術は禁忌となります。その場合、療術部位は腓腹筋のみとなります。

下肢静脈瘤の罹患されている方、又は血流改善薬を服用されている方は予めお申し出ください。場合によっては内出血のリスクも御座います。

 

当メニューは保険対象外ですが、医療保険を使用されている方も実費でご利用になれます。

鍼や灸が苦手な方に、当メニューは単独でのご利用も可能です。