キャッシュレス決済について


医療保険療養費(一部負担金)の支払い及び自費施術に関して、現金の他、各クレジットカード及び交通系電子マネー決済が可能です。

使用可能なブランドや決済手数料は下記の通りです。

決済手数料は患者負担となります。

 

【Table. 1 使用可能なクレジットカードや電子マネー、及び決済手数料】

ブランド 決済手数料

 VISA/MASTER/American Express/JCB/Diners Club/Discover

4.00% 

TOICA/manaca/Suica/PASMO/ICOCA/nimoca/Kitaca/SUGOCA/はやかけん/PiTaPa(*)

iD/QUICPay

ApplePay(Apple Watch又はiPhone[7以降(Plus及びXシリーズ含みます)])

4.00% 

PiTaPaは交通系電子マネーとしてのご利用はできません。但し、クレジット機能付PiTaPaは使用可能です。

※交通系電子マネーをご使用の場合、チャージはできませんが、残高確認は可能です。

 

スマートフォン決済について

 

PayPay

ご利用方法は当院の施術室入口に掲載しています。

ペイペイ株式会社ホームページ内「PayPay残高のチャージから支払う」も併せてご覧ください。

URL = https://paypay.ne.jp/guide/charge/

 

LINE Pay

当院でも11/1よりLINE Payの支払い取り扱いを始めました。

ご利用方法は当院の施術室入口に掲載しています。

詳しくはhttps://line.me/ja/pay/howtoもご覧ください。