症例対処法

症例対処法 · 15日 8月 2018
A)リウマチってどんな症状? 免疫異常により関節の腫脹や疼痛を起こし、その後変形を来す疾患とされます。主に手足の関節で発生しますが、予後として内臓を侵すことも有ります。 B)年代の傾向 30代以上ならどの年代でも発生しやすいと云われており、男性よりも女性に罹りやすいとされます。
症例対処法 · 11日 6月 2018
当症は手や腕、肩、頚の倦怠感や疼痛、痺感等が残存する残る病症で、同じ又は酷似する作業を繰り返す様な業務に従事している労働者が罹患し易いとされています。具体的には、タイピングを多く行う人、工場で作業する人、調理をする人等、多くの人が該当します。勿論、廃用的な筋疲労型の場合も少なくありません(つまり、運動不足)。...
症例対処法 · 11日 6月 2018
鍼灸の対処で最も多い適用例の一つとされ、筋・筋膜型(所謂「ギックリ腰」)、腰部捻挫、神経根型、椎間板ヘルニアが当症の代表例です。 A)腰部捻挫型:交通事故により5個有る腰骨周囲の運動器が炎症、損傷されて引き起こされます。坐骨神経痛を併発することも多々有ります。...